地震について

地震 原因

地震は、地面が揺れ・振動する現象で、地質運動の一種です。

 

普通は、地面の地下のプレートが固くくっついて安定しています。

 

しかし、ある力が加わって割れて断層が生じ、この断層を境にプレートが動いて地震が起きるものです。

 

これが地震の原因です。

 

地震が起こる場所は、内陸部にある地殻内か、火山、そして先のプレートの境で頻発します。

 

日本列島には、火山も多く、またプレートの境も複数あるなど世界でも有数の地震国として有名です。

 

これらの自然現象のほか、地面の掘削、また今の日本ではないですが、爆弾の爆発で地震が起きることもあります。

 

地震は、海溝型の場合、周期性があることが分かっています。だいたい、50年から300年という周期で地震が発生します。

 

内陸の地震は、周期性が分かっておらず、いつ発生するのかわかりません。地震の発生の予知研究は年々進んでいますが、未だはっきりしていないことも多いのです